[05] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
 スポンサーサイト
 --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
 まとめて感想。
 2006.12.31 Sun 20:46
コードギアス 10話、11話まとめて簡単に感想です
てか放送から日が空いてるので、とりあえず2006年付けで

10~11話

前回に引き続き、黒の騎士団に結構な協力者が出てきましたね

今回は日本解放戦線の本拠地でコーネリア達を待ち伏せ
そして、紅蓮が登場。
紅蓮ってのは激戦を意味してるのかな、なんて思ってたけど、機体の名前だったんだ
すごいスペックのようで、てか日本側も水面下でいろいろ研究してるんですね

あーっと、今回もジェレミアさんはオレンジ君で発狂してましたね
ここであっさりか?
とも思ったけど、緊急脱出プログラムか何かで生き延びましたね
戦闘が終わり、道端で歩いてましたね
オレンジ君。さすが!
彼は今後一花咲かせることはあるんでしょうか?

オレンジはさておき、
ナリタ攻防戦。
今回はルルがコーネリアを追い詰めるという展開でしたね
コーネリアはプライドの高さからでしょうか、それとも軍に属しているということからでしょうか?
降伏という道は選びませんでしたね
ここで、コーネリアも討たれるのかと思ったときですよ
ランスロット登場。
いつもあと一歩のところで登場ですね
でも、今回は紅蓮がいたので、今までみたいに黒の騎士団側が一方的にはやられなかったけど、紅蓮の故障? で撤退か・・・
で、今度はルルがピンチ
ランスロットのあの強さはどうなんだろう
紅蓮は今後太刀打ちできるのかなー?

そう、でルルのピンチの時にC.C.が登場!
ギアスって力を与えるだけじゃなく、記憶というか、なにか精神に作用する力を持ってるんですね
過去を見せられてか、スザクはパニックでした
てか、ルルはC.C.のおかげで結構救われてますね

最後はC.C.のことがチラッと出てましたが、何だったんだろ?
OPに出てた額に模様がある子と関係があるんでしょうね
にしても、名前ってなんだったんだろう?
等など、いろいろと疑問の残る回でしたね

とりあえず2話で、ナリタ戦線は終了ですね
次は年明け。楽しみです
スポンサーサイト
  comment:0  trackback:0   [感想いろいろ]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://sat6x.blog4.fc2.com/tb.php/48-47b2b0ad
あけましておめでとうございます| HOME | コードギアス 9話感想


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。